アントニオ・ガデス舞踊団 in シネマ
「カルメン」
不世出のフラメンコの革命児、アントニオ・ガデス不朽の名作
マドリード王立劇場におけるライブ収録映像をスクリーンで!


アントニオ・ガデス舞踊団は、フラメンコ史を塗り替えた偉大な舞踊家アントニオ・ガデスの作品と芸術を伝えるために、彼が死の直前に設立した財団によって2004 年に再結成された最高峰のスペイン舞踊団で、ガデスの愛弟子のステラ・アラウソが芸術監督を務め、世界中で公演活動を続けています。
本作品はガデス生誕75周年を記念して2011年に行われた、マドリード王立劇場(テアトロ・レアル)でのライブ収録映像で、首都マドリードの目と耳の肥えた観客に、ガデス直系の舞踊団の実力を余すところなく見せて、火の出るような白熱した舞台が繰り広げられます。

フラメンコファンならその名を知らない人はいない本作『カルメン』は、メリメの小説を原作としたビゼー作曲の有名なオペラ「カルメン」に着想を得て、アントニオ・ガデスと、スペイン映画の巨匠カルロス・サウラが共同で創った作品です。まずはガデス自らが主演した映画版が1983年に世界中で公開され、その映画を基にした舞台作品はフラメンコ史上最大のヒット作となりました。
《『カルメン』を上演する劇団》を演じる劇中劇の形式を用いて、ビゼーの歌劇『カルメン』の音楽も使用する非常に凝った作りで、フラメンコを芸術の域まで昇華させた傑作です。
カルメン役は、地元マドリード出身のバネッサ・ベント。ドン・ホセは舞踊団を代表するスター・ダンサーのアンヘル・ヒル。闘牛士はハイロ・ロドリゲス。

all photos (c)Javier del Real

振付・照明・脚本:アントニオ・ガデス、カルロス・サウラ
芸術監督:ステラ・アラウソ
映像監督:アンヘル・ルイス・ラミレス
出演
バネッサ・ベント (カルメン)
アンヘル・ヒル (ドン・ホセ)
ハイロ・ロドリゲス(闘牛士)
ホアキン・ムレロ(夫)
ほか

[収録]2011年マドリード王立劇場/1時間38分/(c)Teatro Real 2011
配給:T&Kテレフィルム/配給宣伝協力:dbi inc.

アントニオ・ガデス舞踊団 in シネマ
「カルメン」特別先行上映会

2017年5月20日(土)  神奈川県民ホール 小ホール
18:30〜
※開場は30分前の予定です。
※全席自由席 ※未就学児の入場不可
【同日13:00からは、オペラ映画「ばらの騎士」上映会も開催→オペラ映画「ばらの騎士」】

◆発売状況  3月21日発売開始

◆チケット料金
一般前売 2,500円/当日2,800円
※全席自由席

◆チケットのお求めは ※電話番号のかけ間違いに、ご注意下さい!
 ●お電話でのご購入は・・樂画会(がくがかい)チケットデスク
   フリーダイヤル 0120-954-618 (オペレーター応対 平日9:30〜17:30)
    ※携帯電話・PHSからは TEL 03-3498-2508

 ●窓口でのご購入・・下記施設のチケットかながわ窓口で
    神奈川県民ホール、神奈川県立音楽堂(13:00〜17:00 月曜休) 、KAAT(神奈川芸術劇場)で直接購入可

神奈川県民ホール アクセス

神奈川県民ホール

● みなとみらい線 日本大通り駅から、徒歩約6分
● みなとみらい線 元町・中華街駅から、徒歩約8分
● JR 関内駅から、徒歩約15分
● 市営地下鉄 関内駅から、徒歩約15分
● 県民ホール駐車場(84台)もご利用いただけます(有料)
「神奈川県民ホール」
 横浜市中区山下町3−1  Tel:045−662−5901(代表)

 

HOME