オペラ映画「魔笛」
魔法の笛の響きに導かれ、世界に愛の花が咲く!
モーツァルトが最期に残した、不朽の傑作オペラを完全映画化!


ものがたり
第一次世界大戦の激しい塹壕戦のさなか、兵士タミーノは命を失いかけたところを三人の従軍看護婦たちに救けられる。
看護婦たちは夜の女王の侍女で、ザラストロに奪われた女王の娘パミーナの救出をタミーノに依頼し、女王から魔法の笛を贈られたタミーノは、小鳥を愛するお調子者の兵士パパゲーノと共にパミーナの救出に向かう。
ザラストロの神殿で出会ったパミーナとタミーノは瞬く間に恋に落ち、二人は愛を成就し自由を手にするために、魔法の笛を手に過酷な試練に立ち向かう。

“ローレンス・オリビエの再来”と称揚され、俳優としてまた映画作家として、数多のシェイクスピア作品で知られるケネス・ブラナーが、モーツァルトの名作オペラを、舞台を第一次大戦下のヨーロッパに置き換えて完全映画化。
キャストには、世界屈指のバスとして知られるドイツ出身のルネ・パーペ、実力派テノールのジョセフ・カイザー、ロシアのソプラノ歌手リューボフ・ペトローヴァをはじめとする一流の歌手が名を連ね、ダイナミックなカメラワークとCGによる斬新な映像で、オペラファンも映画ファンも必見のオペラ映画。

all photos (c)THE PETER MOORS FOUNDATION-2006

監督:ケネス・ブラナー
撮影:ロジャー・ランサー
編集:マイケル・パーカー
台本:エマヌエル・シカネーダー
脚本:ケネス・ブラナー、スティーヴン・フライ

作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
指揮:ジェームズ・コンロン
演奏:ヨーロッパ室内管弦楽団

出演
ジョゼフ・カイザー (タミーノ)
エイミー・カーソン (パミーナ)
ルネ・パーペ (ザラストロ)
リューボフ・ペトローヴァ (夜の女王)
ベン・デイヴィス (パパゲーノ)
シルヴィア・モイ (パパゲーナ)
トム・ランドル (モノスタトス)
ほか

2006/イギリス/英語(日本語字幕)/139分/カラー/シネスコサイズ/(c)THE PETER MOORS FOUNDATION-2006

オペラ映画「魔笛」特別上映会

2018年3月14日(土)
豊洲シビックセンターホール ⇒アクセス
14:00〜/18:30〜
※チケットは時間指定となります。
※完全入れ替え制です。開場は30分前の予定です。
※全席自由席 ※未就学児の入場不可

◆発売状況  1/29より発売開始

◆チケット料金 ※チケットは時間指定
一般前売 2,500円/当日2,800円

◆チケットのお求めは ※電話番号のかけ間違いに、ご注意下さい!
 ●お電話でのご購入は・・樂画会(がくがかい)チケットデスク
   フリーダイヤル 0120-954-618 (オペレーター応対 平日9:30〜17:30)
    ※携帯電話・PHSからは TEL 03-3498-2508

 ●チケットぴあ  Pコード=105−725 ※発券手数料がかかります。
    セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ各店舗で直接購入いただけます。

◆会場アクセス⇒【豊洲シビックセンターHP】
 ・東京メトロ有楽町線「豊洲」駅 7番出口徒歩1分 豊洲シビックセンター5F
 ・新交通ゆりかもめ「豊洲」駅 改札フロア直結

 

HOME