「愛の調べ」シネマ&リサイタル
〜伊藤恵 plays シューマン〜


クララ・シューマンと夫シューマン、そしてブラームス、音楽家たちが織りなす愛の調べ。
キャサリン・ヘップバーン主演の傑作音楽映画「愛の調べ」の上映と、
シューマン演奏の第一人者、伊藤恵さんのリサイタルの豪華な2部構成!

★第1部 映画「愛の調べ」上映

「愛の調べ」は、アカデミー賞を演技部門で4回受賞した、映画史上最高の女優キャサリン・ヘップバーン主演の音楽伝記映画です。
作曲家シューマンの妻で19世紀を代表する女流ピアニストとして活躍したクララ・シューマンを主人公に、夫シューマンとその弟子ブラームス、そして友人リストら、ロマン派を代表する作曲家たちとの波瀾に満ちた半生を、彼等の名曲の数々と共に描きだしています。
監督は「町の人気者」のクラレンス・ブラウン。
「カサブランカ」のボール・ヘンリードがシューマン、「キューリー夫人」のロバート・ウォーカーがブラームスを演じています。
また、アルトゥール・ルービンシュタインがピアノ演奏を吹き替えています。

監督:クラレンス・ブラウン
原作:バーナード・シューバート/マリオ・シルヴァ
脚本:アイヴァン・トース/イルマ・フォン・クーベ/アレン・ヴィンセント/ロバート・アードリー
撮影:ハリー・ストラドリング
編集:ロバート・カーン
〜CAST〜
キャサリン・ヘップバーン(クララ・シューマン)
ポール・ヘンリード(シューマン)
ロバート・ウォーカー(ブラームス)
ヘンリー・ダニエル(リスト)、ほか

〜STORY〜
天才ピアニストとしてその名を知られたクララは、父の反対を押し切ってロベルト・シューマンと結婚する。
子宝に恵まれたシューマン家だったが、彼の音楽はなかなか世に認められず、クララは生活費を得るために演奏会を開き大成功するが、シューマンの苦悩はさらに深まる。
シューマンの弟子として同居していたヨハネス・ブラームスは、一家の友人であったフランツ・リストの助力を頼み、シューマンが心血を注いだ大作《ファウスト》の作曲者指揮による初演が実現する。
しかし、満員の聴衆の中、既に精神が蝕まれていたシューマンには、最後まで指揮を続ける力が残ってはいなかった。
クララは懸命に病の夫を支えるのだが・・・

1947/アメリカ/英語/モノクロ/モノラル/スタンダード・サイズ

★第2部 伊藤恵 ピアノ・リサイタル

  演奏予定曲
    ・ロベルト・シューマン:アラベスケ 作品18
    ・クララ・シューマン:4つの束の間の小品 作品15
    ・ロベルト・シューマン:色とりどりの小品 作品99より 3曲の小品/5曲の音楽帳
    ・ヨハネス・ブラームス:シューマンの主題による変奏曲 作品9
    ・シューマン=リスト:献呈
        ※演奏曲は変更になる場合がございます

伊藤恵(いとう けい) プロフィール
現在の日本におけるシューマン演奏の第一人者で、20年にわたりシューマンのピアノ作品集全曲録音を完成するなど、その取り組みは他の追随を許さない。
1983年ミュンヘン国際コンクール優勝。強靭なテクニックと構成力は正統派ピアニストとして国際的に高く評価され、国内外の多くの定期公演に招かれる。
日本ショパン協会賞、横浜市文化賞奨励賞受賞。
東京藝術大学教授、桐朋学園大学特任教授。
公式HP http://kei-itoh.com/

「愛の調べ」シネマ&リサイタル
伊藤恵 plays シューマン

11月10日(土)  渋谷・さくらホール (渋谷区文化総合センター大和田)
開演13:30
※全席指定 ※未就学児の入場不可

◆大好評にて終了いたしました

 

HOME